メニュー

ブログ

ひまわり様  44歳(2022.09.14更新)

2022年1月21日に3980gの元気な男の子を出産しました。
2017年から不妊治療を始め、2018年から産婦人科で体外受精をしました。5回目の移植で妊娠しましたが、7週目で流産。その後も着床せず。
2020年6月20日にART女性クリニックに転院しました。ビタミンDやERA、EMMA、ALICE等、他の病院ではしなかった検査をして2度移植しましたが陰性でした。
着床前診断のお話しを聞いて、採卵し直して、検査に出したら異数体の為廃棄になりました。ラストチャンスのつもりで以前に凍結していた胚も着床前診断に出した所、低頻度モザイク、高頻度モザイクの2個が凍結出来ました。低頻度モザイクの胚を移植したら陽性でした。

妊娠初期から大きめの赤ちゃんでしたが出産が近づくにつれ、どんどん大きく成長して吸引しても出て来てくれず、緊急帝王切開になりました。
生後6ヶ月になりましたが、病気もせず、9500gの大きな男の子に育ちました。
長くて辛い不妊治療でした。でも頑張って本当に良かった!!諦めないで本当に良かったです。

                                                           2022.7.26

かめ子様  36歳(2022.09.14更新)

私は別の病院で採卵を2回行いましたが卵胞は育つものの採卵しても空砲でした。そこの病院を辞め、2年くらい経ったころに子どもがやはり欲しかった。自然では無理と感じていたのでARTクリニックに電話しました。電話した時は6ヶ月待ちでした。しかし、1週間後キャンセルが出たので来られますか?と電話があり奇跡的にすぐ治療に入ることが出来ました。小山先生に他院でした採卵で空砲だった事を伝え、治療が始まりました。

1回目の採卵で1個胚盤胞まで育ち、2回目の採卵で3個胚盤胞まで育ちました。2回目の移植で無事に妊娠する事が出来ました。その後切迫流産で入院したりARTクリニックには大変お世話になりました。あの時入院して安静に出来たからこそ今があると思っております。ありがとうございました。

色々病院がありますが、不妊治療した先輩の方から「腕の良いお医者さんにかかることがまず初めの一歩」と言われARTクリニックを勧めて頂き本当に良かったです。
小山先生、副院長、三好先生、看護婦さん、本当にお世話になりました。

                                                            2022.8.12

R・M様  39歳(2022.09.14更新)

34才で主人と出逢い、36才で結婚。付き合った当初からお互い「子どもが授かればいいね」と言っていましたが中々授からず...どこかずっとモヤモヤしていました。

だからといって産婦人科に行くのも怖く、あっという間に結婚して半年が経ってしまいました。37才になり、後悔したくないと勇気を出して近くの病院に行きました。タイミング法6回、人工授精2回しても授かりませんでした。38才になってすぐARTさんを紹介して頂き、4回目の体外受精で双子を授かる事ができました。(私は顕微授精でした)
多のう胞性卵巣症候群、子宮内膜症、子宮内膜ポリープなど様々な病気が発覚しましたが、薬や手術などを経て、少しずつ着床しやすい体になっていったと思います。
私は幸いなことに13個の卵子を採り出し、8個の受精卵を凍結することができました。1回目、2回目と陰性結果を見る度に気持ちは落ちましたが、すぐに次の検査の提案をして下さり、着床しやすい体に近づけて下さった先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。

私は絶対に子どもを授かって卒院メッセージを書く!!と決めていたのでとてもとても嬉しいです。
これまでとても丁寧に親切に接して下さった先生方、受付の方、ありがとうございました。

                                                             2022.8.13

N・K様  41歳(2022.09.14更新)

長崎で31歳結婚し、2年経過しても妊娠しなかったため実家のある熊本で不妊治療を開始しました。
なかなか妊娠する事が出来ず、35歳くらいの時に諦めようかと悩んでいたら、担当の先生からARTさんをご紹介頂きました。夫が体外受精に抵抗があった為なかなか新たに治療を先に進めることができず、ARTさんでもタイミング法は20回以上、人工授精は6回程しました。AMHの検査で40代後半という結果にショックを受け、体外受精をすることを決意しました。夫をなんとか時間をかけて説得し、37歳で初めて体外受精をしました。

2度の採卵に、9回の体外受精、3度の流産しました。長崎から熊本への通院が大変で体はクタクタ辛い事が多く、気持ちは何度も折れました。
何度も諦めようと思いましたが、SEET法にて40歳で妊娠。妊娠してなんとか安定期に入ってからは全前置胎盤が分かり、3ヶ月の入院。無事に産まれてきてくれるのか不安な月々を過ごしました。
必死に耐えて去年の3月に無事に娘を出産することができました。ARTの皆さんには優しく接して下さり、時には励まして下さりありがとうございました。

最後まで頑張ることができました。ARTさんには遠方から通院している方も多いと思います。どうかお体を大事にされて下さいますように。31歳で結婚し、まさかの41歳の年での出産。少しでもどなたかの参考になればと思い、卒院メッセージを書かせて頂きました。

                                                             2022.6.29

O・M様  35歳(2022.09.14更新)

1人目、2人目共にこちらで体外受精をし授かる事ができました。
はじめは他院でタイミング法を行っていましたが、途中で卵管閉塞が分かり「体外受精しかない」とサラリと言われました。その病院の先生が私には合わず、更に検査時も痛かったため転院を考えた所知人からARTさんの存在を聞きすぐに電話し転院をさせて頂きました。

初めてARTさんに来た時は緊張しましたが、丁寧な説明と温かい対応でとても安心した事を覚えています。今後の展望として、腹腔鏡手術で卵管を通す方法もあること。もし通っても妊娠するか分からないこと。前の病院では聞けなかったことも丁寧に教えて下さいました。仕事の都合上、すぐに体外受精ができなかったので手術をして頂きました。無事通ったけれど、半年しても妊娠できなかったため、体外受精に踏み切りました。仕事をしながらの通院は大変でしたが、入院時や採卵、移植の時等、先生方をはじめ看護師の皆様方が早朝から夜遅くまで対応して下さり、私も頑張ろうと思いました。
結果1人目は新鮮胚移植で、2人目は2回目の採卵でとれた凍結胚を移植し無事妊娠することができました。体外受精をするにあたりその都度全て尋ねました。先生方や看護師さんは嫌な顔せずいつも丁寧に答えて下さり、それを踏まえて夫としっかり話し合う事もでき、自分達が納得する治療を行うことができました。

先生をはじめ、ARTで働かれる全ての方々にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

                                                            2022.7.14

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME