メニュー

男性不妊外来について

不妊専門の泌尿器科専門医による男性不妊外来

不妊カップルの半分は、男性にも原因があります。男性不妊症は不妊症の30〜40%を占めます。その原因には、勃起障害・射精障害などさまざまなものがあり、治療も多岐にわたります。

性機能障害に関しては本人でも自覚できますが、造精機能障害は、精液検査を受けなければわかりません。男性不妊症のうち無精子症は25〜35%です。無精子症のうち約10%が47,XXYのクラインフェルター症候群です。

生殖医療は飛躍的に進歩しています。早いうちに精液検査を受ければ治療が可能になるかもしれません。

今まで熊本県では治療できなかった非閉塞性無精子症の人を対象にmicro-TESE(マイクロテセ)(顕微鏡下精巣内精子採取術)手術が可能となりました。

クラインフェルター症候群の患者さんからも精子の採取が可能で、挙児可能です。

クラインフェルター症候群が原因である無精子症の患者様に当院で2008年精巣内精子回収後、顕微授精を行い、妊娠し、2009年健康な赤ちゃんを出産されました。  

また乏精子症・精子運動率低下の35%は精索静脈瘤が原因です。
当院では精索静脈瘤の手術も行っております.

入院設備もあり院内でmicro-TESE(マイクロテセ)(顕微鏡下精巣内精子採取術)手術や精索静脈瘤に対する顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術も可能です。

男性不妊の診察は一度受診していただければ簡単な検査で診断がつきます。ぜひ受診してください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME