メニュー

ブログ

ちゃちゃ様 31歳(2021.11.23更新)

新婚旅行を終え、妊活を始めましたがなかなか授からず元々生理不順だったため近くの婦人科にかかりました。多嚢胞性卵巣症候群と言われあーなんか前にも言われたなくらいの感じでした。

クロミッド1錠からタイミング法が始まりそのタイミングでARTさんに転院しました。1錠、2錠、3錠、自己注射と薬の量を増やしながら卵胞を育てタイミング法を行いました。リセットすることも多く嫌になって一度通院をやめた時もありました。しかしそうすると生理は来ず…ステップアップで再び通い始めました。人工授精3回目で卵巣過剰刺激症候群となりまたリセット。本当に沢山泣きました。後何回このエレベーターに来るんだろうとか。仕事もしていたので休みをもらうのも苦痛で。

早いかもだけど体外受精に進もうと主人と決め、それから準備期間も含め移植まで3ヵ月半程かかりました。採卵日はきつかったけど、タイミング法や人工授精のように何度も通院しなくて良かったので精神的には楽でした。1回目で妊娠することができ、もう卒院となります。通院期間としては1年5か月での卒院です。

スタッフの方は皆優しく、適度な距離間だったのもよかったです。先生方もたくさんの患者さんをみていてお身体大丈夫かなと心配になるほどです。三好先生は新しい先生でしたがとても丁寧で優しかったです。
ARTさんにお世話になって本当によかったと思います。本当にありがとうございました。

                                        2021.10.30

G・A様  30歳(2021.11.23更新)

結婚7年目、6回目の移植で無事卒院となりました。
本当に感謝しています。何から書けば良いか分からず、もう9ヵ月になりました。

26歳から近くの婦人科でタイミング法と数回のAIHをしたものの結果が出ず、ARTさんを受診しました。すぐにAHIからスタートしましたが月日が経ってから後悔するのは避けたいと思い27歳の時に体外受精を決心しお願いしました。
1、2回目の移植で陽性判定が出るも流産となり、不育症検査を受けました。均衡型相互転座がわかり、治療を休みながらPGT-Aの臨床研究開始を待ちました。
 6個を検査に出し、幸運なことに3個の正二倍体の胚が得られました。結局その3個の胚でも妊娠継続は出来ませんでしたが、ダメ元で最後に移植したモザイク胚が順調に育ってくれました。
 周りは結婚妊娠がスムーズな人ばかりでなぜ自分は…と悩み、3度の流産も辛く、諦めようかと何度も考えました。帰り道、何度車の中で泣いたかわかりません。
今しっかりと赤ちゃんが育っているのはクリニックのおかげです。心から感謝しております。
このメッセージが、今治療を受け頑張っている皆様の力をなれるよう頑張っております。

                                      2021.10.01

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME