メニュー

ai様  29歳

[2023.03.11]

 自己流のタイミング法で3~4か月すごしている期間に子宮頸がんの検査で再検査になったことがきっかけで近所のクリニックに通うようになりました。子宮頸がんの精密検査では初め”軽度異形成”と診断されましたがその後は経過観察のみで、現在は異常なしになりましたが、その頃からクリニックでタイミングも教えてもらうようになりました。半年程、近所のクリニックにタイミングを教えてもらいながら通院していましたが結果は何も変わらず、知り合いの方にARTさんを卒院された方がいて、紹介してもらい転院を決めました。

 ARTさんにきてからは、すぐに血液検査や卵管造影を行ってもらい、ホルモンの周期からどうしても「〇週間後…」という時間に長く感じつつも、振り返ると無駄なくできる期間にできることをプランニングして頂いていたのだなと感謝しております。転院後すぐに人工授精を一度チャレンジしましたが結果はでず、すぐに体外・顕微を半分ずつ行うことにステップアップを決めました。採卵の時には今までにない経験で、とてもとても緊張しましたが、皆さんが優しくよりそってくださり、麻酔ですぐに眠りにつき、気持ちよく眠っている間にすべて終わっていました。一度の移植では結果がでず、2度目で胎嚢まで確認できたものの心拍確認できず… 3度目の際に自己免疫力が高いことが分かり、タクロリムスを服薬するようになり、現在妊娠5か月を迎え、卒院いたしました。
 通院の際にはたくさんメモをしていき質問をし、不安な時にも電話でいつも親切に対応して頂きました。小山先生、木下先生、三好先生、受付の方々、看護師さん、培養士さん、医療にかかわる全ての方々に心から感謝いたします。1年間、安心して信頼して通院させていただきました。ありがとうございます。

                                          2022.11.15

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME