メニュー

料金

当院で行っている検査や採血、書類等の料金一覧(税込み)です。

生殖補助医療(体外受精や顕微授精)の保険適応の年齢・回数の要件

「初回の体外受精治療を何歳で始めたか」で回数の「上限」が決まります
・初回の体外受精治療を40歳未満で開始した場合 ⇒ 通算で「胚移植」を6回まで
・初回の体外受精治療を40歳以上43歳未満で開始した場合⇒通算で「胚移植」を3回まで

助成金の支給回数は回数の計算に含まれません
令和4年4月2日から同年9月30日までの間に43歳の誕生日を迎える方については、43歳になっても同期間中に治療を開始した場合は、1回の治療に限り、保険診療が可能です。
令和4年4月2日から同年9月30日までの間に40歳の誕生日を迎える方については、40歳になってからでも同期間中に治療を開始した場合は回数制限の上限は通算6回となります。
患者様によっては保険外のお薬や治療等があると、採卵から移植までの治療がすべて保険外診療になる場合がございます。

保険内診療

 手術前検査         約5,000円
 不育症検査(保険外費用含) 約60,000円
 子宮鏡検査         約3,000円
 卵管造影検査        約8,000~15,000円
 精液検査          約1,300円
 Y染色体微小欠失検査      約11,310円
    ホルモン採血        約2,400円

保険内 生殖補助医療(ART)費用  

▸採卵時
採卵(※麻酔料は別途発生)
基本料(採卵数が0個でも発生) 9,600円 採卵時
採れた卵が 1個 9,600(基本料)+7,200円=16,800円
2~5個 9,600+10,800円=20,400円
6~9個 9,600+16,500円=26,100円
10個~ 9,600+21,600円=31,200円
受精
体外受精 個数に関わらず 12,600円 採卵時
顕微授精 1個 14,400円 採卵時
2~5個 20,400円
6~9個 30,000円
10個~ 38,400円
体外受精+顕微授精 1個 採卵時
2~5個 26,700円
6~9個 36,300円
10個~ 44,700円
※TESE精子を使用して受精操作を行う場合は+15,000円加算されます
培養
受精した卵が 1個 13,500円 受精後、初期胚まで
2~5個 18,000円
6~9個 25,200円
10個~ 31,500円
胚盤胞加算
胚盤胞培養した卵が 1個 +4,500円 胚盤胞到達を目的として培養した場合、培養料に加算
2~5個 +6,000円
6~9個 +7,500円
10個~ +9,000円
受精卵凍結      
受精卵凍結保存 1個 15,000円 受精卵凍結時、凍結日~1年間の保存料を含む
2~5個 21,000円
6~9個 30,600円
10個~ 39,000円

また、当院では先進医療Aのタイムラプス培養、SEET法、子宮内膜スクラッチについて先進医療で実施しています。当院で実施している先進医療についての説明はこちらから

▸移植時
新鮮胚移植   22,500円 胚移植時
凍結胚移植   36,000円 胚移植時
  アシステッドハッチング +3,000円 実施した場合移植料に加算
▸1年間の凍結保存延長料
受精卵凍結保存管理料 数に関係なく 10,500円 凍結日~1年後以降年に1回、凍結日より3年間が限度

同一月(1日から月末まで)の医療費の自己負担額が高額になった場合は、自己負担限度額を超えた分があとから払い戻される制度…高額療養費がございます。また、事前に医療費が高額になることが事前にわかる場合は限度額適用認定証を提示されると同一月の窓口でのお支払いが自己負担限度額までになります。申請方法は加入している健康保険ごとに異なりますので、ご確認ください。限度額認定証についてのページはこちらから

保険内診療での実際にかかる体外受精費用例 

体外受精/新鮮胚移植  採卵で卵が6個、1個移植して5個すべて凍結した場合

採卵26,100円、体外受精(6個すべて)の場合の培養45,300円、(6個顕微授精した場合の培養62,700円)

胚移植22,500円、余剰胚の受精卵凍結(1年間の保存料含む)5本21,000円

合計:114,900円~(132,300円~)

体外受精/凍結胚移植         採卵で卵が6個、6個すべて凍結してその後移植した場合

採卵26,100円、体外受精(6個すべて)の場合の培養45,300円、(6個顕微授精した場合の培養62,700円)

受精卵凍結(1年間保存料含む)6本30,600円、凍結胚移植36,000円

合計:138,000円~(155,400円~)

※ここでの培養とは受精、培養・胚盤胞加算の費用を合算した金額となります。

※卵巣を刺激するお薬や必要な検査の料金は別途必要になります。

卵巣刺激方法によって料金は異なりますが、上記料金にお薬や検査代が約13,000円~33,000円追加でかかります。

保険内診療の料金表(PDF方式)はこちらから

 

保険外費用

 AMH(抗ミュラー管ホルモン)  6,410円
 精子不動化抗体検査        7,700円
 尿妊娠判定            3,300円
 

 --着床不全検査--

 TRIO検査            113,000円
 Th1/Th2採血          21,190円

 --男性検査--

 クルーガーテスト        3,300円
 精液検査(2回目以降)      3,300円

 --出生前診断--

 クアトロテスト        22,000円
 羊水検査            110,000円

 --各種書類--

 各種診断書           5,500円
 母性健康管理指導事項連絡カード 2,200円

 

保険外 生殖補助医療(ART)費用

▸採卵時
 採卵 88,000円
 初期培養 88,000円
 顕微授精 55,000円
Caイオノフォア(卵子活性化処理) 3,300円
追加培養 22,000円
受精卵凍結(1本につき) 33,000円

 

▸移植時
 新鮮胚移植 88,000円
 凍結融解胚移植 99,000円
アシストハッチング(透明帯切開) 22,000円
培養液注入(シート法) 22,000円

 

▸1年間の凍結保存延長料
凍結受精卵(1本目) 55,000円
凍結受精卵(2本目以降1本につき) 11,000円
凍結精子(1本目) 33,000円
凍結精子(2本目以降1本につき) 5,500円

 

▸その他
 精子凍結(3本) 33,000円
 TESE(精巣内精子回収術)  220,000円
 MD-TESE(顕微鏡下精巣内精子回収術)  330,000円
PGT-A生検(受精卵1個)

60,000円

 

保険外での実際にかかる体外受精費用例 

体外受精/新鮮胚移植

採卵88,000円、初期培養88,000円、(顕微授精になると追加で55,000円)

胚移植88,000円、余剰胚の受精卵凍結(1年間の保存料含む)1本33,000円

合計:297,000円~(352,000円~)

体外受精/凍結胚移植

採卵88,000円、初期培養88,000円、(顕微授精になると追加で55,000円)

追加培養22,000円、受精卵凍結(1年間保存料含む)1本33,000円、凍結胚移植99,000円

合計:330,000円~(385,000円~)

※卵巣を刺激するお薬や必要な検査の料金は別途必要になります。

卵巣刺激方法によって料金は異なりますが、上記料金にお薬や検査代が約22,000円~66,000円追加でかかります。

自費の診療料金表(PDF方式)はこちらから

 

支払方法

・現金
・クレジットカード(保険外診療のみで5万円以上が対象)

振込(凍結更新料金のみ対象)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME